赤ら顔の原因と治し方は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

Q.赤ら顔の原因と正しい治し方は?

 

赤ら顔は、なかなかすぐに治るものではありません。原因をつきとめ、それに合わせた治し方を行うことが何より重要となります。

赤ら顔にはしっかりとした睡眠を!

 

Q.赤ら顔の原因と正しい治し方は?

 

赤ら顔の解消には、しっかり睡眠をとることも重要となります。

 

睡眠不足になると、体全体が思うように動きません。
体の機能が落ちてしまうため、肌の調子も悪くなり、結果的に赤ら顔に繋がってしまうのです。

 

睡眠不足になると肌がガサガサになる、とよく言いますよね。
睡眠不足はお肌にとって天敵なのです。
また、肌が痛むということは、肌が薄くなったり、ニキビができてしまったり…
その結果、慢性的な赤ら顔に悩まされてしまうことにも繋がりかねません。

 

もしも赤ら顔になってしまった場合は、まずしっかりと睡眠をとりましょう。
生活習慣にも気を配り、洗顔方法も変えてみましょう。

 

また、普段行っているケアも赤ら顔に影響してきます。
肌に合わない化粧水を使っている場合は、すぐに変えてしまいましょう。
特に安い化粧水の場合、添加物をふんだんにつかったものもあります。
その場合、敏感肌などの肌の弱い方にとっては、毒でしかありません。

 

最近では、赤ら顔用のスキンケア商品であったり、敏感肌用の商品もあります。
かならず、自分に合ったスキンケア商品を使うようにしましょう。

 

重度の赤ら顔治療法

 

Q.赤ら顔の原因と正しい治し方は?

 

重度の赤ら顔は、なかなか治りません。たとえ生活習慣を改善しても、食生活を改善しても、なかなか治らないでしょう。

 

そういった重度の赤ら顔の場合、皮膚科に行きましょう。

 

皮膚科に行くと、赤ら顔の原因を見つけて正しい治療を行ってくれるでしょう。
治療は大きく分けて3つに分けられます。

 

まず一つ目に、光治療です。
ほっぺに光を当てて、毛細血管を収縮させるのが狙いの治療となります。
強い光を一瞬ピカッとするだけなので、痛みはありません。

 

次に、レーザー治療があります。
こちらも原理的には光治療と同じなのですが、少し痛みを伴う治療法となります。

 

最後に、硬化治療と呼ばれる治療法です。
硬化治療は、注射を患部に打ちます。
太い血管の場合は、光治療でもレーザー治療でも、なかなか治療することはできませんので、力技で効果治療が行われます。

 

皮膚科に行くと、こういった治療をうけることができます。
より確実に、より安全に赤ら顔を治したいのであれば、皮膚科に行きましょう!

 

赤ら顔対策にビタミンC誘導体!

 

Q.赤ら顔の原因と正しい治し方は?

 

赤ら顔って、一度なってしまうとなかなか治りませんよね…。
できれば、赤ら顔になる前に対策を打ちたいものです。

 

そこで、今話題になっているのが美肌成分の「ビタミンC誘導体」です。

 

ビタミンC誘導体には、肌を引き締める効果があり、特に脂がたくさん出てしまう方にはおすすめの美肌成分となります。
最近では、いろいろな化粧品にビタミンC誘導体が含まれていますよね。

 

赤ら顔の原因となるものの多くは皮脂となります。
特に、皮脂が過剰に分泌されてしまうと、アクネ菌が増殖してしまい、ニキビのもととなってしまうこともあります。
ニキビでも、すぐに治ってくれればいいのですが、たまになかなか治らないしつこいニキビがいますよね。
ニキビが長引いてしまうと、色素沈着をおこしてしまい、肌が赤いままになってしまうこともあるそうです。

 

そういった意味でも、赤ら顔対策としてビタミンC誘導体は有効だと言われています。

 

もちろん、肌に合わない化粧品を使う必要はありません。
無添加で肌にやさしいタイプの化粧品が肌に合う人だっているでしょう。
特に赤ら顔の人は肌が弱い、敏感肌の人が多くなります。

 

化粧品は、自分の肌に合ったものを使うようにしましょう。

 

赤ら顔の原因は肌荒れ!?

 

Q.赤ら顔の原因と正しい治し方は?

 

赤ら顔の原因の一つに「肌荒れ」があります。

 

赤ら顔と言えば、皮膚が薄くなってしまい、皮膚の下にある血管が見えてしまっている、というのが多くの原因となりますが
肌荒れによって肌自体が赤くなっている、と言う場合もあるのです。

 

そういった場合は、肌をしっかり保湿することが大切となります。
肌が荒れているということは、肌に水分、または皮脂がたりていない、ということになります。
しっかり保湿を行い、肌を労わってあげましょう。

 

中には、ピーリングをして肌をきれいにする方もいますが、それはあまりおすすめしません。
というのも、ピーリングは肌に対して非常にダメージのいく方法となります。
そのため、肌が荒れている状態でおこなってしまえば、なおさら荒れてしまうこともあり得るのです。

 

赤ら顔を治すためにピーリング!と言う人もいますが、それもやめましょう。
ピーリングは、ターンオーバーを正常に戻すために行うものです。
肌が荒れている状態でするものではありません。なおさら悪化してしまいます。

 

肌荒れを治すためには、しっかり保湿をすること。中でもセラミドは非常に有効な保湿成分となりますので、セラミド入りの化粧品もおすすめとなります。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加